資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

あん摩マッサージ指圧師の資格は働きながらでも取れる?あん摩マッサージ指圧師の資格ってとって意味ある?

【スポンサーリンク】

あん摩マッサージ指圧師は国家資格であり、資格取得のためには専門学校での勉強が必要です。働きながら資格取得できるのか、試験の難易度などについてまとめています。

無資格者がトラブルを引き起こすリスクあり

最近は癒しブームでリラクゼーションやリラックス目的のエステサロンが多数あります。ところがこれらサロンは国家資格ではなく民間資格による施術となっており十分な知識を持たない施術者がトラブルを起こし問題となっています。

人の体に触る以上きちんと人体の構造や骨格を理解し、強く揉んではいけない個所や力加減に関する勉強は必要です。無資格者がトラブルを起こしても、結局すべてを引き受けるのは施術を受けた側なのです。

 

www.shikakugetdj.com

 

専門学校には夜間授業があり働きながら資格取得可能

あん摩マッサージ指圧師になるには専門学校に通い、所定の科目を履修しなければなりません。座学で人体の構造などを学び、さらに実技で手技を習得しなければなりません。

覚えることは多数ありますが、専門学校によっては夜間授業(夜間3時間など)を設定しているところもあるため仕事をしながら資格が取得できるように配慮されています。疾病の治療としてのあん摩やマッサージ指圧師の技術がしっかり学べ、昼間部に比べて授業日数が増えるようなデメリットもありません。

あん摩マッサージ指圧師になるための学費は?

あん摩マッサージ指圧師になるために通う専門学校の学費は2年学ぶと仮定して約300万円前後必要になります。かなり高額ですね。

私立の専門学校は学費が高めになる傾向にあります。この高額な学費がネックで「学費が高すぎて学べない」と言う方も実際にいます。

奨学金制度やローンで支払える学校もある

学費が高いため、奨学金を利用したり教育ローンを使って学費を納入している方もいます。どうしても学びたい、でもお金がないと言う方は独立行政法人日本学生支援機構や東京都育英資金、日本政策金融公庫、地方自治体による奨学金制度などを使って学費を工面する方法を考えてみると良いです。

あん摩マッサージ指圧師試験の難易度とは?

あん摩マッサージ指圧師国家試験の合格率はここ10年で大きな変動はなく、ほぼ84~87%の間を行ったり来たりしています。80%台の合格率となればかなり高いと感じられますが、やはり専門学校でみっちり基礎から勉強しているからこの合格率になっている点を考えなければなりません。

きちんと専門学校で勉強をしていれば、国家試験はパスできると言えます。

資格取得後に活躍できるフィールドとは?

国家資格取得後に活躍できる場所は治療院・病院・リラクゼーションサロン・訪問マッサージなどとなっています。なかには治療院に勤務してある程度の手技や接客を学び、独立される方もいるようです。

最近は高齢者数の増加に伴い訪問マッサージを専門に行っている方もいます。特養老人ホームや個人宅を戸別訪問し、決まった時間マッサージや指圧で治療をするサービスは大変好評です。

あん摩マッサージ指圧師は国家資格であり、医師と同じく治療ができる数少ないライセンス。病院に勤務し患者の治療にあたる方もいるようです。

まとめ

あん摩マッサージ指圧師は独学や通信教育で国家試験が受けられるものではなく、通学制の専門学校に通い卒業することで国家資格の受験資格が得られます。国家資格を取得しておけば安定した仕事になるのが魅力。

 

www.shikakugetdj.com