資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

ふぐ調理師の免許取得について

【スポンサーリンク】

ふぐにはテトロドトキシンと呼ばれる猛毒が含まれており、ふぐ調理師の免許を持つ方が調理しなければなりません。ふぐ調理師の免許取得の流れや年収、活躍出来る場所などについてまとめています。

ふぐ調理師の試験は誰でも受けられる?

ふぐ調理師の資格は誰でも受験できません。

受験資格を満たさなければならないのですがその条件とは「調理師法による調理師免許を持っている者」であるか、または「都知事や府知事・県知事が認めた布武調理師の元で2年間実務経験を積む」または「他県でふぐ調理師免許をもっている」者であることです。

ただこのふぐ調理師免許ですが都道府県により受験資格や受験内容が異なり、場所によっては免許自体が存在しない所もあります。ここでは東京都を例にとって説明しています。

実は都道府県別に受験資格などが違う

前述しましたが、ふぐ調理師免許の試験基準や受験資格などは都道府県により違いがあります。ふぐの本場・山口県は一番厳しい基準をもっており、実務経験が3年以上ないと受験資格が与えられません。そうかと思うと講習会だけでふぐ調理師免許がもらえるエリアもあり、統一された基準がないのが実状です。

けれどお住まいのエリアの方針に従う以外にありませんので、ふぐの調理をされる場合は市役所や区役所に問い合わせて確認をお願いします。

試験には学科試験と実技試験がある

東京都では学科試験と実技試験があり、学科試験には専用のテキストが必要です。東京都の場合は東京築地魚市場ふぐ卸売協同組合でテキストを購入することができますし、書店などでも取り寄せ可能です。

実技試験をパスするには有資格者に教えてもらうのが安上がりですが、身近にそういった方がいない場合は有料のレッスンを受ける方法もあります。前述した東京築地魚市場ふぐ卸売協同組合では受験者のためのレッスンを有料で行っています。入会金6000円を払えば、期間内に何度でもレッスンを受けられます(ただしふぐの購入代金別途必要)。

ふぐ調理師実技模擬試験受講で試験本番に臨むのもあり

東京都ふぐ料理連盟が主催するのが「ふぐ調理師実技模擬試験」です。受付場所は東京築地魚市場ふぐ卸売協同組合で、ふぐ調理師試験の本番前に実技模擬試験を受講し万全の対策で臨もうという趣旨で行われています。

もし模擬試験で不合格であればその場で指導してもらえますし、模擬試験で合格であれば本番もゆとりをもって臨めますね。

受験料が16,000円前後必要ですが、安心のために模擬試験を受験しておくのも良いですね(あくまでも東京都のみの開催です)。

ふぐ調理師の合格率が気になる

ふぐ調理師の試験は各都道府県により開催時期やその内容が異なるのでなんとも言えませんが、東京都の場合は合格率が約54%前後となっています。

半分の方が不合格になってしまうので、試験対策は万全に行いたいですね。もしかすると山口県はもっと基準が厳しいかもしれません。

ふぐ調理師に合格すると年収はアップする?

ふぐ調理師として認められると大手を振ってふぐの調理が可能になります。免許がないとふぐの調理はできませんので専門職の一種と言っても良いでしょう。ふぐ料理専門店で働くことができますし、お店でふぐ料理を振舞うこともできます。

転職にも有利なのは間違いありません。年収がアップするという100%の保証はありませんが、職場内で認めてもらえるのは確実で昇級や昇進も期待できます。年収云々よりも本人のスキルアップやキャリアアップに役立ちます。

まとめ

ふぐ調理師の資格は都道府県で違いがありますが、お住まいのエリアのルールに従って資格取得を目指しましょう。