資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

製菓衛生師ってどんな仕事をする人?資格を取るのは難しいの?

【スポンサーリンク】

製菓衛生師はお菓子を作るプロの証。この資格は独学でも取得できますが、専門学校の方が学べる範囲が広いです。製菓衛生師の仕事内容や資格取得法についてご紹介しています。

製菓衛生師ってどんな仕事をする人なの?

製菓衛生師はお菓子を作る上での衛生面に重点を置いた国家資格です。美味しいお菓子やパンを作る技術は非常に重要ですが、それと同等に衛生面もしっかり管理しておかないと食中毒が発生するようではお店の信頼を失ってしまいます。

この資格はお菓子やパンを作るしっかりした技術があることを証明するのはもちろん、公衆衛生学や食品添加物の知識など安全な商品を作るための知識を備えていると証明するものです。将来、ベーカリーなどを開業したい方は是非取得しておきたい資格です。

独学でも製菓衛生師の資格が取得できるって本当?

製菓衛生師になるためには必ずしも専門学校に通う必要はありません。お店で実務経験を2年以上積めば誰でも受験できます。

「専門学校に通う学費が捻出できない」「働きながら資格を取得したい」と考えている方は、お店で修業しながら知識や技能を身に付け、製菓衛生師の資格取得を目指す方が良いです。

ただベーカリーショップに勤務するとお菓子の知識が身に付かないなど、勤務するお店によって学べる範囲が限定されるのは注意しておきたいですね。

専門学校を卒業する方が取得にかかる日数が少ない

専門学校は1年通えば受験資格取得が目指せます。試験対策を行い、できるだけ早く合格を目指したいのであれば専門学校を選ぶのが一番です。

これに対し、独学では最低でも2年の実務経験が必要となり資格取得にかかる期間が1年違ってきます。

ただし専門学校は学費が必要であることや、生活費を準備しなければならないことなど金銭的なハードルも高いです。時間はかかってもお金を掛けずに資格取得を目指すか、お金は掛かっても時間を短縮してできるだけ確実に資格取得を目指すかで方法が変わってきます。

独学で必要なテキストや過去問はどこで手に入る

独学で勉強したい方は、まずテキストや過去問題集を入手しなければなりません。テキストや過去問は全国製菓衛生師養成施設協会や大阪あべの辻製菓専門学校が著者となった書籍が発売されています。ネット通販でも入手できるため、独学で試験突破を狙うならこれらテキストを真っ先に購入して勉強するのが一番です。

過去問題を解いてどれくらい理解できているかを確認しながら、テキストと平行して学習を進めていきます。ネット通販だけではなく書店でも注文すれば書籍を取り寄せることができます。

製菓衛生師の合格率は非常に高い

製菓衛生師の合格率はかなり高いという状況です。全体の合格率は約82%ですので、真面目に勉強すればかなり高い確率で合格できる試験内容となっています。もちろん専門学校で学べば試験対策も万全ですので、殆どの方が合格できています。

より確実に試験に合格したい方は専門学校を選択するのが安全ですが、独学の方でもしっかり学習すれば合格するのはそれほど難しいものではないようです。

製菓衛生師の年収は約400万円(30代)

製菓衛生師の年収平均は約400万円となっています。

もし給与を上げようと思えばお菓子やパンに関するコンクールに挑戦して受賞する、他にもある資格(菓子製造技能士やパン製造技能士など)を取得して社内での評価を上げる、さらに高給与が望める職場に転職するなどするのが良い方法です。

まとめ

製菓衛生師の資格は専門学校に通わなくても独学である程度対応できるようです。ただし短期間で資格取得を目指すなら専門学校を選択するのが無難です。