資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

甲種(乙種)防火管理者ってどんな資格?

【スポンサーリンク】

甲種(乙種)防火管理者は約2日間の講習と最終日の試験を受ければ基本的に誰でも取得可能。企業の防火管理者となるため昇給や昇進にも役立ちます。

甲種(乙種)防火管理者が必要な建物について

店舗やホテル、遊技場、病院、クリニック、高齢者施設など不特定多数の方々が毎日出入りする建物では、火事が起きると大惨事になりかねません。そこで特定用途の建物の中でも収容人員や床面積などによって甲種(乙種)防火管理者を選任し、防火管理業務にあたる担当者を選任しなければならないと言う決まりがあります。

特定用途の建物として指定されているのは前述した建物以外にも、工場・大規模な共同住宅・造船中の客船などがあります。

甲種(乙種)防火管理者資格を取得するには講習会受講が確実

甲種(乙種)防火管理者の資格を取得する方法は講習会の受講がメインとなっています。消防署の職員で合った方や消防団の経験などがなければ、基本的に講習会の受講により資格取得を目指す方法しかありません。

この講習会ですが、お住まいの消防署が主催して行っていますのでまずは問い合わせをお願いします。講習会は甲種防火管理者の新規受講は2日講習、乙種防火管理者の場合は1日講習、甲種再講習は半日です。

基本的に講習会を受講しなければ防火管理者の資格は取得できません。必ずご参加ください。

以下の方は講習会受講必要なし

防火管理者の資格を取得するには講習会受講しか道がありませんが、消防職員で管理者の仕事を1年していた方、市町村の消防団員で3年間管理職を経験した方、警察官や警察職員で3年以上管理者の立場であった方、防火対象物点検資格者講習の課程を修了した方、国や都道府県の消防の事務に従事する職員のうち1年以上管理者の立場であった方などは、講習会に参加せずに防火管理者の資格が取得できます。

甲種(乙種)防火管理者講習会の内容とは?

甲種(乙種)防火管理者講習会を実際に受けた方によると、最初に分厚いテキストが配られ最終日に(2日目に)修了考査が行われたそうです。講義の内容は火気管理や施設・設備の維持管理、防火管理の意義及び制度、防火管理に係る消防計画、従業員や職員に訓練や教育をどう行うかなど防火に関わる内容がみっちり組まれています。

一度火事が起きてしまうととくに大規模な商業施設や病院、介護施設、共同住宅、遊技場などでは大惨事になってしまう可能性が高いため、消防計画や防災訓練、避難訓練、安全教育などの点は重要です。

受講料や受講時に気を付けたい点はここ!

甲種(乙種)防火管理者講習会の受講料は甲種新規受講で約7千円、乙種で約6千円、甲種再受講で約6千円となっています。
受講時に気を付けたいことは居眠りをしないこと。受講中の態度は職員により逐一チェックされており、明らかにやる気がない場合は退室を言い渡され当然資格も取得できません。

一生懸命頑張っても修了考査で基準点に満たないこともありますが、その前の段階でやる気がないのは致命的です。受講中にスマホをいじってばかり、お喋りばかりの方も退室になる可能性があります。

甲種(乙種)防火管理者取得後にすべきことは?

甲種(乙種)防火管理者となった後は管理建物の防火体制を整えるために、まず職員や入居者の防災訓練の計画表や年間防災計画を策定します。

防災訓練や避難訓練の前には消防署に連絡し通報の訓練をしなければなりません。また建物内にある防火施設のチェックも行います。

まとめ

甲種(乙種)防火管理者は講習を受け最終考査にパスすることで資格が取得できます。真面目に講義を聞いていればほとんどの方が資格取得できますので、最後まで真面目に講義を聞き真摯に取り組む姿勢が重要です。