資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

いざ本番!日商簿記の受験会場などをチェック

【スポンサーリンク】

模擬試験で7~8割の正解が出せれば、そして制限時間内に試験が終わるようなら準備は完了です。いよいよ試験本番に臨みましょう!

試験会場や試験日時をチェック

日商簿記検定は全国の商工会で実施しています。もちろん会場に指定されていない商工会もありますので事前のチェックは必須。私の場合は近所に会場がなく車で片道1時間半かかる商工会が最寄会場と分かりました。試験の日時や開始時間もチェックして商工会のHPで試験の申込完了。

もし分からないときは最寄りの商工会に問い合わせると試験会場でなくても職員の方が試験のことをいろいろと教えてくれます。

車や駅を利用するなら何時間前に自宅を出ればいいか確認

私の場合試験会場があまり馴染みのない場所だったため、家族で買い物ついでに試験会場へドライブしました。車で何時間掛かるかを事前確認するためでしたが、これは行っておいて良かったです。車で会場まで片道1時間半かかることが判明したので、試験時間に間に合わせるには最低でも試験2時間前には自宅を出た方が良いと判明。

車で出かける方は試験会場の駐車場の場所も確認しておくと良いかもしれません。駐車場が狭いときは、第2・第3駐車場の場所も押さえておくと良いです。試験本番に車で移動しても駐車場がない、または一杯だとパニックになりますからね。電車やバスで移動する方も時間には十分注意です。

電卓は普通のものでOK

試験では電卓の使用が認められています。ただ当日いきなり電卓が壊れて使えないこともあるので、予備をもっていると安心ですよ。ただ試験会場は商工会だったので、もし壊れたら貸してくれたのではないかと思います。

電卓は使用して良いものと悪いものがあるので事前にチェックしておいてください。他にも時計や筆記用具、身分証明書など必要なものを持参。筆記用具は壊れた時のことを考えて何本かシャープペンシルを持参しました。芯の補充もバッチリでした。受験会場で計算用(仕訳用)のA4紙が1枚もらえますので、紙を持参する必要はありません。

11月でも結構寒い…ひざ掛けなど必要なものを持参

私は11月に受験したのですが、受験会場は結構冷えました。エアコンなどの空調で暖房は入れていませんでしたので冷え性の方は要注意。当日の気温は誰にも予測できないので、冷え性の方はひざ掛けやホッカイロなどを持っていくと良いです。試験は2時間あるので寒いと辛いです。

2月に受験される方はさらに厳重な寒さ対策が必要です。2月ですと試験会場にストーブを置く、エアコンの暖房をつけるなどしてくれていると思いますが、心配な方は空調のことを事前に聞いておくと良いかもしれません。

日商簿記3級合格!

結局1度目の受験で日商簿記3級に合格しました。受験時間も余ったので結構余裕でした。でも「たかが3級」と思っていると不合格になる可能性もあり、決して舐めてかかって良い試験ではありません。合格率も時期によっては3割以下になることもあるので準備はしっかりお願いします。

仕訳の基本が分かっていれば多少問題が難しくなってもクリアできるはずです。逆に仕分けの基本が分かっていないとどんなに高額な通信教育やWEB講座を受けてもあまり意味がありません。模擬テストで合格ラインに載せられないときは、もしかすると基本の仕訳が理解できていない可能性もあります。

まとめ

久々の試験だったので当時はかなり緊張しました。高校生も受験していたので、「私って場違いかな?」と周囲をキョロキョロ見回した経験があります。無事に合格できて良かったです。