資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

簿記3級合格までの10の道のり

【スポンサーリンク】

簿記3級取得に向けて、合格までの道のりを紹介します。

ステップ1「日商簿記3級取得の第一歩は強い動機を持つこと」

簿記のことが全く分かっていない初心者にとって簿記は理解しにくい概念。馴染みのない簿記を理解するには強い動機が必要です。まず「なぜ簿記資格が取りたいのか」を考えましょう!

ステップ2「日商簿記に合格するためにはどんな勉強法があるかリサーチ」

私が日商簿記を勉強したのは約18年前。その頃はネットが今ほど普及しておらず、選択できる勉強法は独学だけでした。でも今はさまざまな情報が得られるので、勉強法も多いですね。

 

www.shikakugetdj.com

 

ステップ3「生活にあった無理のないスケジュールを立てる」

簿記検定3級をクリアするには3か月は必要だと言われています。「絶対に3か月以内に合格!」と目標を立てるのは良いのですが、忙しい社会人の場合は特にスケジュールが狂う事もあります。無理のない期間を設定するのが一番です。

ステップ4「日商簿記3級クリアに必要な「仕訳」の概念を理解」

簿記検定を制覇するためにはまず、仕訳という概念をjh理解しなければなりません。この基本が理解できていないと資格取得は無理です。では仕訳とは何なのでしょうか?

ステップ5「テキストを読みながら問題集にもトライ」

日商簿記検定3級の肝は仕訳ルールを理解すること。ここがクリアできれば簿記の勉強はサクサクと次に次にと進んでいきます。

ステップ6「出題頻度の高い問題を重点的に潰していく」

日商簿記3級の問題には出題パターンがあります。また頻繁に出題される問題もあるため、出題頻度の高い問題を重点的にクリア出来るように練習していきます。

ステップ7「模擬テストで8~9割正解するまでひたすら問題を解く」

仕分けが理解でき貸借対照表や残高試算表が理解できたら、いよいよ大詰め。模擬試験を実際に解いてみましょう。2時間以内にすべての問題が解けるかどうか確認します。

ステップ8「いざ本番!日商簿記の受験会場などをチェック」

模擬試験で7~8割の正解が出せれば、そして制限時間内に試験が終わるようなら準備は完了です。いよいよ試験本番に臨みましょう!

ステップ9「日商簿記3級クリアに必要なこと」

日商簿記3級は私にとって「全く未知のチャレンジ」でしたので、簿記のシステム(概念)自体を理解するのに約半年掛かりました。その経験からお伝えしたいことをまとめます。

ステップ10「日商3級取得で経理事務職員として就職成功!」

日商簿記3級を取得したことで、念願の経理事務職員として再就職できました!やはり面接のときに日商簿記の資格をもっていたことが決め手になったのです。